2017/06/25

プレベとOPBのネックを交換しようとしてみる

OPBとフレットレスのプレベを持っています。
どちらもFender Japanなので、ネックを入れ替えられるんじゃないかと思ってやってみました。


OPBって、もともとウッドベースの音を意識したエレキベースだったはずなので、OPBをフレットレスにすれば、さらにウッドの音に近づくんじゃないかと思ったのがきっかけです。
OPBネックのプレベっていうのも、なんかカッコよさそうじゃないですか。Billy SheehanがAttitudeの前に使っていたWifeベースは、確かそんな感じだったはず。

これこれ。ヘッドの形でOPBネックだと分かります。

えー、結果から言ってしまうと、ネックの交換は無理でした。
とりあえず詳細を書きます。

ネックを外す。


まずはOPBのネックをプレベに付けてみます。


付きました。オクターブも問題なし。
なんか70年代っぽいというか、いわゆるジャパンビンテージによく見られる感じの見た目です。
個人的にはあんまり好みじゃないです...

肝心のもう一方。


付いているように見えますが、実は付いていません。
原因はこれ。


すごく微妙なんですが、プレベとOPBではネックエンドの形が違います。
OPBはまっすぐで、プレベは丸っこい。
このため、OPBネックをプレベに付けることはできても(少し隙間はできる)、プレベネックはOPBのボディにははまらない、というわけ。

うーん残念。フレットレスのOPB弾いてみたかったなあ。
まあ元のネックのフレットを抜いちゃえばいいんですが、それなりにいい楽器なので、ちょっと勇気が出ない(売るときに不利そうだし)

どちらもそのままでもいい楽器なので、このままにしておくことにします。

0 件のコメント:

コメントを投稿